技術開発トピックス

2018.09.11

2018年4月24日付で、大阪府より「経営革新に関する計画」の承認を受けました。

「平成30年度 中小企業等経営強化法に基づく経営革新計画承認企業」として、一定の革新性、経営の向上、実現可能性のある事業計画を、大阪府の有識者による審査の上承認され、経営革新への取り組みを支援するものであり、弊社の「経営計画」が見事承認されました。

2018.09.11

「アルミニウムコイル製品端面自動補正装置」が、「中小企業優秀新技術・新製品賞」優良賞(2017年)を受賞いたしました。

産業機械や一般消費財などの部材となるアルミニウム材は、地金を溶解・鋳造・圧延しコイル状にして出荷される。だが装置で巻き取る際、コイル表面の張力のバラつきなどから横幅方向にズレて端面が反り返るため、修正する必要がある。このズレを自動修正し、端面をきれいにそろえる。端部位置検出センサーで横幅方向のズレを読み取り、どの程度の力で押さえたら修正できるかを計算し、2基1組の押さえローラーで帯端部を押さえつける。直径700ミリメートル程度のコイルの場合、端面2ミリメートル以下の凹凸で巻き取れる。既存設備に増設可能。通常は熟練作業者2人が左右からコイルを押さえて感覚で修正するが、こうした手間をなくせる。

2018.09.11

「OKシート」(電子基板エントリーシート)が「日本アルミニウム協会賞」開発奨励賞(2011年)、「ものづくり日本大賞」中国経済産業局長賞(2013年)を受賞いたしました。

アルミニウム薄板に自然に優しいカルナバヤシの樹液を主成分とする特殊樹脂膜を塗布することにより、プリント基板への穴あけ精度を大幅に向上させ、穴壁面を綺麗に加工することが可能となるドリリング用シートを開発。製品の小型化・多機能化に伴い、電子回路プリント基板は小型化、多層化が要求され、回路を貫通する導通穴の位置精度と穴壁面の粗さ向上がプリント基板の品質を左右する。本シート開発によりプリント基板の薄型化やドリリング工程の生産性アップに大きく貢献。加工後に簡単に水洗浄できるメリットもある。